Life is going on...


by toko-max
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:movie/music( 6 )

食いモン記事ばっかり続くのもなんなんで、、、
ということで、久々に映画ネタなぞ。

一人暮らしをやめて実家に戻ってからというもの、
1週間に2回は行っていたビデオ屋通いもしなくなりました。
忙しくなったのも理由のひとつですが、そもそも実家はケーブル放送を引いているので
24時間映画や音楽や外国チャンネルが流れっぱなしなんですね。
(しかし、マンガが借りられなくなったのはつまんねー。)

とりあえず、夜夕食の後に1日1本は観てるような状態なのですが
ここ数日で観た初見の数本をご紹介。

* * *

d0028677_15103837.jpg9000マイルの約束
(2004年/独製作)
原題:SO WEIT DIE FUSSE TRAGEN

第2次大戦後、戦犯として強制収容所へと送還される事となったドイツ兵士クレメンス・フォレル。1年かけて辿り着いた先、そこは鉄条網も監視塔もない極寒の地シベリアの最果てだった...
「必ず帰る―」愛する家族との別れの際にかわした約束を果たすため、彼は見渡す限り氷の砂漠に囲まれた脱出不可能といわれる収容所から命からがら逃げ出す。彼を追うソ連軍カメリアフ中尉の執拗な追跡・・・何度も絶体絶命の危機に陥りながらも、逃亡の際に出会ったユッピック族やユダヤ人など、国境や人種を越えて彼に救いの手を差し伸べる人々に支えられ、フォレルは最愛の妻と娘との再会を信じ、祖国ドイツへと向かう―

d0028677_1539527.jpgわたくし、無知なせいで欧系映画は好き嫌い分かれるんですが、これはもう設定を聞いた瞬間から「やば、、泣きそう、、、」と思ってしまった。全然知らない役者さんばかりなんですが、そこがまたハリウッド的ではなくて良かった。見てるほうが寒くなりそうな映像が続きますが、苦しい道のりで主人公のクレメンスがいろんな立場の人に支えられて故郷へと向かう姿には心を打たれます。シベリアの収容所というと日本兵の捕虜収容所の話をすぐ思い出しますが、多くのドイツ兵たちも劣悪な環境で坑内作業に従事させられていたのだと、恥ずかしながらはじめて知りました。この映画はね~、とにかく1度見ていただきたい。クレメンス役のベルンハルト・ベターマンは自身の祖父もロシアの収容所生活を送ったらしく、この役にはひとかたならぬ思い入れがあったようです。

-----------------------------------------------------

d0028677_15442724.jpgスクール・オブ・ロック
(2003年/米製作)

友人になりすまして名門小学校の代用教員になったロック・ミュージシャンのデューイ。教えることのない彼は、本業のロックの知識と精神を語り始める。やがて生徒たちも興味を示し、クラス全員でこっそりバンドバトルに出場することに…。ダメ教師が生徒たちのやる気を引き出し、生徒からも影響を受けるという、下手をしたらいくらでもあざとくなるテーマだが、ミュージシャンでもある怪優ジャック・ブラックの水を得た魚のような熱演と、個性的な子役たちの名演技で、心の底から笑える痛快作になった。

d0028677_1621265.jpg脳みそが考えることを拒否しているとき、ダークな映画を観すぎてブルーになっているとき、、、そんなときにな~んも考えずに観れる映画ですね。ちょっと「天使にラヴ・ソングを」の流れを汲みすぎのような気もしますが、まあ、そこはB級映画としてみれば許容範囲内、かな。私の好きなロックの名曲がたくさん劇中に流れるので、それだけでもフツーに楽しいんですが。この映画みてギターが超絶うまい小学生といえば、さんまのからくりテレビの竜之介君を思い出してしまった・・・。(結構バラエティに染まってるな、、自分。)これまたカンケーないけど、昔の彼氏がHardrock、HeavyMetal好きで、ちょっと質問すると、この映画の主演のジャック・ブラックよろしく熱心に講義されたのを想いだしました・・・(遠い目)。

----------------------------------------------------

d0028677_16352473.jpgイン・ハー・シューズ
(2005年/米製作)

この映画はですね~、、、観たと言っていいのかどうか・・・。というのも、バリから帰ってくる飛行機の中で見たんですけども、2/3位しか観れてない(笑)!なぜって、GA(ガルーダ・インドネシア)航空が悪いから(爆)。整備不良で出発が相当遅れたため、機内朝食をあたふた食べさせられながら同時上映した挙句に、物語が佳境に差し掛かったところで「着陸態勢に入るため、これにて機内放送を終わらせていただきます」のアナウンス!(怒)ムキ~ッ!!比較的新作なので、まだDVDとかも出てないし、私の気持ちは「超おあずけ」をくらった気分。劇場に見に行きたかったくらい気になってた1本なので、抜けかけの乳歯のごとく気持ちが悪い。(←どんな例えだよ・・・。)
この映画、「L.A.コンフィデンシャル」の監督に「エリン・ブロコビッチ」の脚本家で、大好きなキャメロン・ディアスとトニ・コレットとシャーリー・マクレーンが出てるとなれば、見逃せない1本だったんですけどね。また、シューモンスターの私としましては映画の中に出てくるステキな靴・靴・靴に目がハートになっちゃうのもムリないワケで。・・・まあ、気長にパッケージ化されるのを待つとしましょうか(泣)。
[PR]
by toko-max | 2006-01-10 16:22 | movie/music
映画はよく見ます。ていうか、メチャ見ます。
・・・が。
最近、なぜか青春ドラマ系だとかスポコンものに偏ってるような気がする。
どうもお疲れ気味の脳には、難解なストーリーや気が滅入るような設定は
入ってこないようです・・・。

d0028677_1493175.jpg大好きなジュリア・ロバーツとキルスティン・ダンストが出てます、学園モノ。とは言え、1960年代の話なので、現代モノのような派手さはなし。どちらかというと保守的な女性の生き方が少しづつ変わりつつあった時代のドラマ。
ジュリア・ロバーツの抑えた演技と、若手女優達のそれぞれ個性を活かした演技がとってもいいと思いました。キルスティン・ダンストはイイ子ちゃんの役が多かったけど、この映画では孤立していく典型的な優等生を演じています。50~60年代のファッションも見ものです。
多少、結末はムリヤリ感もあったけど、まあ完璧過ぎない主人公の描き方には共感できました。ガハハと笑って、ギャンギャン騒ぐ昔のジュリア・ロバーツもかわいかったけど、最近は抑えた演技のヒューマンドラマの方が、彼女のよさを引き出していると思います。オーシャンズ12みたいな映画じゃなく、こういうのに沢山出て欲しいな。

d0028677_225130.jpgキルスティン・ダンストつながり・・・というわけでもないんですが(笑)。チアーズ1はキルスティンが主役でした。2はメンバーも設定もがらっと変わっています。高校のチアではなくて、大学のチアが舞台。チアの有名校に入学した主人公が、その伝統と独占的なやり方に納得できなくなって、自分でチームを作っちゃう→全米大会の出場権をかけて、校内でコンペティションに持ち込む・・・というもの。寄せ集めのチームで、そのプロの出来はあり得ないだろ!・・・というツッコミは置いといて(笑)。単純に、恋あり・笑いあり・涙ありのダンスものは好きですね。映画としての出来は完全に1の方がいいとは思いますが。

今はこれまたスポコンものドラマですが、「You Got Served」(street danceモノ)を
借りてます。頑張って、時間作って見なくちゃだわっ!
[PR]
by toko-max | 2005-07-04 02:39 | movie/music

ミュージカルバトン

matsumo_hさんからミュージカルバトンなるものがまわってきました☆
実は昨日一度、うんうんうなりながら記事をUPしたところ、
何の手違いか、消えちゃったんですよね~・・・_l ̄l○

ま、気を取り直して再度UP。


☆今パソコンに入ってる音楽ファイルの容量
おそらく1.5GBくらい・・・。

☆最後に買ったCD
Darren Hayes 「The Tension And The Spark」

昨年9月くらいにリリースだったと思いますが、今更購入。オーストラリア出身のユニット
savage garden解散後、ソロになってから2枚目のアルバム。まあ、いろいろあった
みたいで(笑)、アイドルっぽさが抜けたアーティスティックな出来栄えに☆3つ!てとこ。


☆今聴いている曲
Martin Tailor 「Bridge Over Troubled Water」

いつも行くBarでかかってたCDが気になって借りたアルバムに入っていました。
ジャズギタリストとして有名な彼だけど、いろんな人とコラボレートしてて面白い。
この局もさんざんカバーされてますが、また新しい解釈だと思います♪


☆よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある5曲
これ、、、難しいーっ!!
よく聴く曲と思い入れのある曲って全然別物じゃありません!?
・・・というわけで、今回は思い入れのある曲を並べてみよっかな。

1.Get Wild / TM Network
これで、小6のときピコピコ系にハマりました(爆)。以来、小室哲哉は心の師匠です。
(これ言うとみんなに「意外~っ!」とか言われる・・・。いや、意外と根暗系なもんで。テヘ。)
yukunさんの想い出にはかないませんが・・・(笑)

2.止めないで / 笹川美和
お!?ちょっと流行り物も入れてみた?(笑)
最近個性的な邦楽女性ボーカリストって増えたとおもいますが、この人もFMか何かで
聴いて、その声と詩に衝撃をうけました。してアルバム「数多」ご購入~♪

3.Two beds and a coffee machine / savage garden
なんて悲しい曲・・・と思いました。とても悲しい詩なんだけど、聴き終わると
人に優しくできるような、気がする、、、、。(毎日聴くべきかも・・・。)

4.Vogue / Madonna
中学生の頃に聞いて、なんてカッコイイんだー!?って思ったね。
多分、創作ダンスでこれに振り付けして踊ったと思う。
深夜の公園で練習して、先生に怒られたっけな・・・。

5.Don't wanna cry / 安室 奈美恵
実はこの曲であるオーディションに参加したことがある・・・(爆弾発言)。
今でも、カラオケの十八番です。

・・・いやあ、こうしてみるとなんだか好きな歌手あげろっていうのと全っ然
メンツが違うな、、、(笑)。まあ、そんなもんかもしれないっすね。

とりあえず、何でも聴く派なので、昔もんから流行ものまで聴きます。
実家ではMTVがつけっぱなしのことが多かったので、いろんなジャンルで
気になる人はいっぱいいるんですが・・・。


なんだか、5人の人にバトンを渡さないといけないらしい・・・。
そんなにいるかな、、、?
とりあえず、何の了承も取り付けてませんが、次の皆様に投げっ!!

michanaさん☆
chibi_chipsさん☆
kazさん☆
lasvegasmasaさん☆
Rihaっち☆
[PR]
by toko-max | 2005-06-20 22:49 | movie/music
d0028677_2122972.jpg「24」に続く海外ドラマシリーズ「TRU CALLING」(トゥルー・コーリング)ご存知でしょうか!?勿論U.Sブロガーの皆さんはFOX系で放映してるらしいのでご存知でしょうが・・・。
日本ではつい先月レンタルが開始されました。以前から予告編を見て、オモシロそうだなぁ、とは思っていたんですが、予想外にハマりまくり(笑)!!
というのも、先日映画館で見損ねた「アイ・ロボット」(ウィル・スミスのSFモノ)をビデオ屋でレンタルしたんですね。すると、なんと、アイ・ロボットの本編の後にトゥルー・コーリングの第1話が収録されているというじゃありませんかっ!なんておトクな!

実際見てみると、1話完結だし、程よく気になる設定も残されててイイ感じ♪
設定としては、主人公のトゥルーが医大受験前のバイトでモルグ(死体安置所)に勤めることになるんだけど、そこで死体に「Help me!」(怖っ!)と助けを求められた瞬間、その日の朝に時間をさかのぼって事件を解決するために奔走する・・・というもの。ミステリーとしては「ラン・ローラ・ラン」の設定にも近いものがありますが、毎回いろんな設定で人助けをしていく中で、色々葛藤が生まれるわけですよ。(←ってダレなんだ・・・水野晴郎か!?)

私がこのドラマが好きなもうひとつの理由として、主人公トゥルーを演じるエリザ・ドゥシュク(言いにくい・・・)がスゴク好きなんですよ♪キルスティン・ダンスト主演の「チアーズ」に友人役で出たときから「このコ姿勢がいいなぁ~、かわいいなぁ~♥」と思ってて。
あと、出来の悪い弟(笑)役のショーン・リーブスもなかなかのイケメンですわね。

昨晩、第8話まで見ました。いや~、ハマリっぷりがすごいわ(笑)。
睡眠時間がもともと4時間程度なのに、ついつい借りてあると見ちゃうからダメね~。
しかし、あざとい手法だわねー。新作映画の後ろにリリース予定のドラマの第1話を入れて、
購買意欲をあおるなんて!
(ちなみにエイリアンVS.プレデターの後にもついてるらしいっすよ!)

この手のドラマに興味ある方も、ない方もゼヒ☆

d0028677_21593312.jpg

[PR]
by toko-max | 2005-06-14 22:01 | movie/music

とほほ~ん。。。

うわ~ん!!
残業三昧で、おウチにも帰れないし、ブログの記事もUPできないよぅ・・・。

先週末、英会話教室のJimのおうちで、BBQをしました。
一杯写真も取ったのに、、、
全然記事を書く時間がない、、、。

悔しいから、昨日見たDVDだけ、置き逃げっ!

d0028677_2347949.jpg
けっこうカンドーしたな。。。
ベストには入らないけど、エド・ハリスすきなんだもん♪
(でも、意地悪だったり冷血じゃないエドハリスなんて・・・とも思った。)

とまあ、そんなとこです(笑)
[PR]
by toko-max | 2005-06-06 23:49 | movie/music

Riverdance10周年

d0028677_20434582.jpg

d0028677_20455441.jpg
来たーっ!!リバーダンス10周年だって!!
また来日公演が決まりましたーっ!
どうしよう、、、チケット取っちゃおうかな。。。

皆さんはご存知でしょうか?
「リバーダンス」という舞台を。
アイルランド発祥の
タップ&ラインダンスのような
ミュージカルのような一大entertainmentです!
(すごすぎて、うまく説明できん・・・汗)

リバーダンスについて知りたい方はコチラ

私は前回の広島公演が初体験だったんですが、ホント感動しました☆
全員でのラインダンスも圧巻だし、テーマ毎に分かれた各パートも見ものです。
思わずDVDも買っちゃった☆

ケルト音楽大好きな私としては、生演奏だしたまんないですね。
広島は去年初上陸だったんですが、今年はハコも小さくなって厚生年金会館だし
また、是非行きたいな~。(チケット高いけど・・・)
一緒に行ったtoko母も大感激してましたよ♪
打ち上げは絶対Molly Malone'sでキマリだな☆

d0028677_2112286.jpg

ただ、同じ秋に他に行きたい舞台を
見っけちゃったんだよね~。。。
それは「ブラスト!」
(詳しくはコチラを参照)

う~ん、ゲイジュツの秋に向けてお財布と相談ざます。
(夏もまだ迎えてないっていうのにね~・・・。)
[PR]
by toko-max | 2005-05-11 21:14 | movie/music